「新着」カテゴリーアーカイブ

「SDGsを経営戦略に実装する!」<参加無料>(2018.8.28.)

■基調講演
「中小企業がSDGsを経営戦略に取り入れる理由」
講師:田瀬和夫氏(SDGパートナーズ有限会社代表取締役)
「地方創生に向けた自治体SDGs推進について」
講師:遠藤健太郎氏(内閣府地方創生推進事務局参事官)
■取組み報告:SDGs未来都市の取り組み紹介
神奈川県、横浜市、鎌倉市(予定)
■開催日時:2018年8月28日(火)14:15~16:45
■場所:波止場会館(5階多目的ホール)
■定員:100名(申込先着順)
ご案内のチラシ

向洋電機土木株式会社(2018/6/22)

横浜市立大学CSRセンターでインターンシップを行う現役大学生が企業のCSRを突撃レポート。
今回は、電気設備設計・施工を行う「向洋電機土木」さんをレポート。
人材育成に力を入れることで、社員のレベルアップを図り、お客様満足度の向上につなげています。さらにワークライフバランスに力を入れ、テレワークを戦略的に導入しています。

2018/7/12に公開
横浜市立大学CSRセンターでインターンシップを行う現役大学生が企業のCSRを突撃レポート。

向洋電機土木株式会社様への取材を終えて

本業との関わりが深い、戦略的なCSR活動です。トップダウンやボトムアップではなく、ミドルアウトという形で、中間管理職の立場から社内に発信・浸透させていることが特徴です。当事者目線で考えられているため、従業員に寄り添った内容となっています。従業員への取り組みは、顧客や取引先、地域等の重要なステークホルダーの利益に、確実に結びついています。

取材レポート 全文を読む

株式会社通信設備エンジニアリング(2018/7/11)

音響、映像、情報、通信に関する業務用システムの設計、施工、保守、リニューアルを行っている株式会社通信設備エンジニアリングさんにお邪魔しました。

通信設備エンジニアリングさんは、”信頼と誠実”をモットーに、「地域・近所」を大切にし、貢献できるようなCSR活動を行っていらっしゃいます。

トップダウンで始めたCSRが、社長のかかわりの姿勢を示すことで社員も前向きに取り組むようになり、ボトムアップの社風になりました。地域の人々を呼んで、ポニーに乗ってもらうなどユニークな地域感謝祭も開催しています。

 

2018/08/05 に公開

横浜市立大学CSRセンターでインターンシップを行う現役大学生が企業のCSRを突撃レポート。

 

株式会社通信エンジニアリング様事前訪問を終えて 永野

株式会社通信設備エンジニアリング様事前訪問を終えて
工藤社長が、横浜型地域貢献企業認定制度を作るのに携わったということもあり、自分の会社でもやってみようという挑戦の気持ちからCSR活動を行うようになりました。
社員たちにはすぐ理解してもらえましたが、会社内でのCSRの認知という部分では時間がかかったそうです。
しかし、根気強くCSR活動を続けていく上で、ボトムアップの部分がより強くなり、社内での効果が見えるようになってきました。

取材レポート 全文を読む

株式会社 安藤建設(2018/7/13)

安藤建設  2018年7月13日

今回は、建築一式工事を請け負う「安藤建設」さんをレポート。
安藤建設は「地域と共に発展する建設業」を企業理念としています。福祉施設や保育園など社会にとって不可欠な施設の工事を積極的に受注することによって本業を通して社会への貢献を果たすとともに、杉田小学校の児童が考案したキャラクターをリデザインして商標登録するなど様々な社会貢献を行い、地域に欠かせないと思ってもらえる企業を目指しています。

2018/8/1に公開
横浜市立大学CSRセンターでインターンシップを行う現役大学生が企業のCSRを突撃レポート。

株式会社 安藤建設の取材を終えて:内田

安藤建設は元請け業者として更地の状態から建物の完成までを担う建築一式工事という業務を担う会社である。そのため建築の9割を外注で行い、安藤建設は専門業者への発注・確認、工程・安全・予算等の管理が主である。

安藤建設は、「地域と共に発展する建設業」を企業理念に据えており、この理念を元に地域貢献活動に力を入れている企業である。地域に必要とされる企業になるためには地域に寄与する施設の建設が必要であると捉え建設業を行っている。

取材レポート 全文を読む

 

有限会社マルニ商店 (2018/7/4)

横浜市立大学CSRセンターでインターンシップを行う現役大学生が企業のCSRを突撃レポート。
今回は、ガラスびんのリサイクル事業を手掛ける「マルニ商店」さん。
お客様本位・ともに歩むという思いを表現する「負けるが勝ち」を方針をとし、小学生とびんのデザインを考えたサイダーを商品化するなどユニークな事業を展開しています。

~有限会社マルニ商店取材を終えて~
有限会社マルニ商店取材を終えて
大企業にとってCSRとは、余裕があって行うものである。しかし、中小企業にとってはそうではない。特にマルニ商店のようなリサイクル・廃棄を取り扱う企業は社会的地位が低く、それがコンプレックスでもある。この社会的地位を上げるためにはどれだけ市民の人と近づけるかが重要であり、できることは一緒に行なっていきたい。そのためCSRは会社を知ってもらうための 戦略的な手段である。

取材レポート 全文を読む

新おひさま広場「事務所」お披露目会

新おひさま広場「事務所」お披露目会&旧おひさま広場お別れ会
日時:2018年8月24日18:00~
場所:(株)太陽住建「おひさま広場」
住所:横浜市南区井土ヶ谷下町27-1 1F
*15:00より新おひさま広場公開
問い合わせ:(株)太陽住建 045-325-7133

YES(ヨコハマ・エコ・スクール)講座のご案内

■テーマ「環境経営の道しるべ。」
1.横浜市「特異な産業構造」の今後
横浜市温暖化対策統括本部 部長 大倉紀彰
2.「自社を活かす環境・社会活動を創る」
プリンス電機株式会社 企画業務部長 東使弘三郎 氏
■開催日時 : 2018年8月21日(火) 14時~16時(受付開始13時30分~)
■会場 : 横浜信用金庫 本店 大会議室(8階)
■申込み方法
【送付先】E-mail:on-yes@city.yokohama.jp
【メール件名】 YES環境経営0821申込
【本文申込内容】
1.お名前(フルネーム)
2.ご所属(企業名、団体名他)
3.お電話番号、メールアドレス
スケジュール・ご案内等

参加者募集! 地産地消産地を巡るバスツアー夏

「地産地消」「リユースびん」「あおみかん」
3つのキーワードにまつわる場所を訪れ、現場の生の声と想いを聞く事ができるバスツアー。このツアーが終わった後、きっと貴方は3つのキーワードについて誰かに語りたくなっているはずです!
■開催日時:2018年8月2日(木)
■定員:抽選:20人
■参加費:1,000円
■締切:7月19日(木)
〔申込み方法〕
横浜市資源リサイクル事業協同組合
電話:045-444-2531(平日9時~17時)
電子メール:mail@recycledesign.or.jp
スケジュール・ご案内等  http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/kurasi/20180702105245.html

【決定】平成29年度 プレミアム企業・10年表彰企業

平成29年度 
プレミアム企業(2企業)と、10年表彰企業(25企業)が決定しました。

平成29年度 プレミアム企業表彰制度 表彰企業

  • 株式会社大川印刷
  • 株式会社スリーハイ

⇒ プレミアム企業(表彰された企業情報)を見る

平成29年度 10年表彰制度 表彰企業

  • 藍総合設計株式会社
  • 石井造園株式会社
  • いそご法務 小竹行政書士事務所
  • 有限会社岩下書店
  • 株式会社羽後鍍金
  • 株式会社大倉物産
  • 株式会社神奈川保健事業社
  • 協立金属工業株式会社
  • 株式会社光電社
  • 株式会社紅梅組
  • 国際ビルサービス株式会社
  • サカヱ工業株式会社
  • 有限会社湘南仲介センター
  • 株式会社大協製作所
  • 株式会社藤本分子化学
  • 株式会社芙蓉ビデオエイジェンシー
  • 有限会社マルニ商店
  • 株式会社安田製作所
  • 株式会社豊商会
  • 株式会社横浜インポートマート
  • 横浜植木株式会社
  • 横浜市資源リサイクル事業協同組合
  • 横浜信用金庫
  • 横浜バンダイ株式会社 
  • 吉田興産株式会社(不動産部門)

⇒ 10年表彰企業(表彰された企業情報)を見る