「環境」カテゴリーアーカイブ

株式会社 新藤 (2019/8/1)

オーガニックコットンを原料とした衣料品などを製造販売する新藤さんをレポート。ビジネスそのものが地球環境や人類の将来に貢献するものであることを目指して、事業を展開しています。まさにCSRを体現する会社です。

株式会社 新藤 取材レポート

株式会社 新藤 取材を終えて

・会社概要

株式会社新藤は、「天衣無縫」という「自然を生かした美しい」ものづくりをテーマに、オーガニックコットンを使用したタオルや肌着といった商品を販売している会社である。「オーガニックテキスタイル認証」という、原料である有機栽培の綿花が最終製品になるまでの過程が証明されている国際基準も取得しており、環境に配慮した製品を作ることに力を入れている。

取材レポート全文を読む

石井造園株式会社(2019/07/18)

今回は、横浜市栄区で造園工事業を営む「石井造園株式会社」様をレポート。
多様なステークホルダーとの出会いを大切にし、数多くの幅広いCSRに取り組んでいます。
「幸せを共有できる企業」を目指して成長し続ける石井造園について、石井社長にインタビューしました。

2019/08/21 に公開
横浜市立大学CSRセンターでインターンシップを行う現役大学生が企業のCSRを突撃レポート

石井造園株式会社様への取材を終えて  安藤

pdfファイルを開く

「ついでに、無理なく、達成感のある活動」を社員全員が合言葉にしてCSR活動を行っています。地域貢献に軸足を置いた活動に加え、地球環境に配慮した取り組みにも力を入れています。従業員わずか11名の企業でありながら、国内外問わず様々な賞を受けており、世界に通用する活動であると言えます。CSR活動で得られる効果を社員全員が実感し、業務の一環として取り組む姿勢であることが、経営的にもプラスの効果をもたらしているのです。

取材レポート全文を読む

株式会社 太陽住建 (2018/8/28)

今回は、リフォーム事業と太陽光発電事業の2つを柱として建設業を営んでおられる、株式会社太陽住建さんを取材しました。

介護施設の屋上を借り、太陽光発電所を作り投資家に投資してもらったり、「井土ヶ谷アーバンデザインセンター」の運営を担ったりなど、ユニークな活動を続けていらっしゃいます。

2018/09/13に公開
横浜市立大学CSRセンターでインターンシップを行う現役大学生が企業のCSRを突撃レポート。

 

株式会社太陽住建の取材を終えて 正岡

株式会社太陽住建は、都市部へ発電所を増やしていくことを重要視しており、都市部では、屋上が空いているということに着目して、その空いている屋上を発電所にしていこうという試みを行っている。特に介護施設の屋上を借りて発電を行っており、賃料として株式 会社太陽住建による各種工事の費用負担や蓄電池の提供を行うことで、災害時に福祉避難 所となる当該施設がより災害に強くなるといったメリットがある。加えて、その工事には 発達障害の方々や困難を抱えた方が携わっており、そのような方々の賃金向上・雇用促進 にも大きなメリットがある。

取材レポート 全文読む

 

株式会社通信設備エンジニアリング(2018/7/11)

音響、映像、情報、通信に関する業務用システムの設計、施工、保守、リニューアルを行っている株式会社通信設備エンジニアリングさんにお邪魔しました。

通信設備エンジニアリングさんは、”信頼と誠実”をモットーに、「地域・近所」を大切にし、貢献できるようなCSR活動を行っていらっしゃいます。

トップダウンで始めたCSRが、社長のかかわりの姿勢を示すことで社員も前向きに取り組むようになり、ボトムアップの社風になりました。地域の人々を呼んで、ポニーに乗ってもらうなどユニークな地域感謝祭も開催しています。

 

2018/08/05 に公開

横浜市立大学CSRセンターでインターンシップを行う現役大学生が企業のCSRを突撃レポート。

 

株式会社通信エンジニアリング様事前訪問を終えて 永野

株式会社通信設備エンジニアリング様事前訪問を終えて
工藤社長が、横浜型地域貢献企業認定制度を作るのに携わったということもあり、自分の会社でもやってみようという挑戦の気持ちからCSR活動を行うようになりました。
社員たちにはすぐ理解してもらえましたが、会社内でのCSRの認知という部分では時間がかかったそうです。
しかし、根気強くCSR活動を続けていく上で、ボトムアップの部分がより強くなり、社内での効果が見えるようになってきました。

取材レポート 全文を読む

有限会社マルニ商店 (2018/7/4)

横浜市立大学CSRセンターでインターンシップを行う現役大学生が企業のCSRを突撃レポート。
今回は、ガラスびんのリサイクル事業を手掛ける「マルニ商店」さん。
お客様本位・ともに歩むという思いを表現する「負けるが勝ち」を方針をとし、小学生とびんのデザインを考えたサイダーを商品化するなどユニークな事業を展開しています。

~有限会社マルニ商店取材を終えて~
有限会社マルニ商店取材を終えて
大企業にとってCSRとは、余裕があって行うものである。しかし、中小企業にとってはそうではない。特にマルニ商店のようなリサイクル・廃棄を取り扱う企業は社会的地位が低く、それがコンプレックスでもある。この社会的地位を上げるためにはどれだけ市民の人と近づけるかが重要であり、できることは一緒に行なっていきたい。そのためCSRは会社を知ってもらうための 戦略的な手段である。

取材レポート 全文を読む